おすすめの映画DVD1

「いけちゃんとぼく」…トンボの頭の万華鏡
この作品、同じ角川映画の某妖怪映画とかぶる点が非常に多く、やや強引な解釈かも知れませんが、姉妹編と云ってもいいんじゃないでしょうか。
少年期からの旅立ちというメインテーマをファンタジーで味付けした点が共通していますし、両作品とも同じ俳優さんが同じ役柄で登場しますしね。
舞台は明言こそしていませんが、オープニングに登場する路面電車から高知県なのは明らか。

ロケーションはエンド・クレジットから判断するに須崎市で行ったようですね。
確か原作者の西原理恵子も須崎市出身じゃなかったかな?
ちなみに例の路面電車は須崎は走っていませんけどね…
何でそんなに詳しいかと云うと、実は私も高知の生まれだからです。
まぁそんな事はどうでもいいや。
主人公ヨシオにだけ見える謎の幽霊いけちゃん…
どうやらいけちゃんはヨシオの未来を知っているらしい。

このいけちゃんとは一体何者なのか?
そんないけちゃんとヨシオのふれあいを通して物語は展開します。
いけちゃんはなかなかいいセリフを吐きますし、脚本はおおむね良く書けているのですが、いかんせん演出がどうももたもたしている点が残念な作品です。